プロフィール

春日 庄

Author:春日 庄
医療系の仕事をしている会社員。
人生を小さく大きく何度も挫折中。
ポエマー気質と現実主義が入り混じる、
自分でもよくわからない性格だ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

今日のポーズ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ごった煮ボックス
憂鬱戦線北上中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

献血in秋葉原
秋葉原に行って献血をしてきました。

そもそも献血をするために秋葉原にいったわけではなく、パソコンのパーツを買いに行ったのですが。
秋葉原駅電気街口に待ち構える献血呼び込みのおっちゃんに心打たれたのでございます。
このくそ寒い中、誰も呼び込まれてあげなかったら気の毒ではないですか。


街頭に立っていたおっちゃんに案内され献血ルームの中に入ると、そこはこざっぱりした待合室。
受付の人に「献血は初めてですか?」と聞かれたので「いや、初めてじゃないです」と答えるも、献血手帳を持っていない役立たずな私。

献血をするともらえる献血手帳には、自分のIDのようなものが書かれていて、次回以降の献血をスムーズにするのです。
一回献血していれば手帳を持っていなくても名前と生年月日で検索してくれるのですが、手間を取らせてしまうのです。
はじめから献血するつもりがあったわけでなくなんとなくで来てしまったので、献血経験者であるにもかかわらず新しい献血手帳を発行してもらってしまいました。
無計画でごめんなさい。

受付で献血の種類(成分献血、全血献血など)を決めるわけですが、受付の人に「全血400mlをお願いできませんか?」とオファーを受けました。
献血は大まかに分けて成分献血と全血献血の2種類があり、全血はさらに採血される量が200mlと400mlとあります。
成分献血よりも全血献血の方が負担が大きく、献血する量が多いほどつらいわけです。
体への負担でいったら全血400mlがナンバー1だと思います。
女性は男性より血が薄いので、ますますつらいのです。
いつもは(っていっても2回だけど)成分を勧められたのですが。
前回の献血で血が濃いことがバレているのか。
よし、やってやろうじゃないか!と無駄に意気込む。
ロッカーに荷物を置いて、呼び出されるまで待合室で待ちます。

自分が呼ばれたら、まず問診と検査採血。
献血の前にまず、献血に適した血液かを調べられます。
貧血気味の人などは、献血を断られることもあるのです。
特に400ml献血は結構体に負担がかかるので、血液の比重(濃さみたいなもんです)が12.5以上ないといけないのです。

検査の結果、私の血液比重は14。文句なしです。
学校や病院実習で検査したときも思いましたがやっぱり濃いなぁ。

400ml献血には体重制限があり50kg以上ないと出来ないので体重を量られました。
…前回の献血のときより2キロ増えていました。
もちろん50kg以上。ハッハッハ。
すると、看護士さんが気を使ってくれたのか「この体重より1kg引いて訂正させてもらいますね」とのこと。
現在の体重より1kg軽く、前回献血のときより1kg重い体重に直される…
って、その心遣いが逆に心に刺さるのです看護士さん(´Д`;)
別に1キロぐらい気にしませんから事実を書いていいです…

検査が終わったら水分を摂って、いよいよ献血本番。
歯医者の椅子ベッド(似ているのがこれしか思いつかん)的なものに寝かされ、採血されるのです。
ヨードチンキを塗られ、茶色に染められる私の腕。
迫り来る針。お世辞にも細いとはいえない針。
ていうか太い太い、太いよ!!(((゚Д゚;)))やっぱやめ…

ぶすり。

痛み自体はチクっとするだけで大した事なかったんですが。
何度やっても針を刺されるのは慣れない…

恐ろしがっている私を尻目に、管をどくどくと通っていく血液。
割と元気よく出ているようだ。
横についてくれている看護士さんに話しかけながら400ml分が血液パックに入っていくまで待つ。
あと100という所で出が悪くなったので、手をにぎにぎ。
おおよそ10分ほどで献血終了しました。

針を刺していたところに絆創膏を貼ってもらい、また待合室へ。
最低30分は安静にしていたほうがいいので、そこでしばし休憩。
「水分をたくさん摂ってくださいね!」と言う指示に従いジュースをしこたま飲みました。
献血のいいところは、飲み物が飲み放題な所ですね。
お菓子もあるのでせんべいをバリバリ食べながら置いてあった「金田一少年の事件簿」を読みふけりました。
優雅な献血ライフ!!

「今日一日は運動とかしないように」といわれ、運動はしなかったのですが一日中秋葉原をうろうろしていました。
不思議なくらいになんともなく、「余裕じゃん!」と調子に乗っていたら帰りの電車と次の日の電車で気持ち悪くなってしまった。
朝の電車で席がないので床に座り込む非常識な私。
「違うんです、献血なんです…」と言い訳したくなるも誰も「どうしたの?」とか聞いてくれないので無理。
献血する皆さんよ、翌日も油断召されますな!!


本当は「あきばおー」にあったジャンク品1円CD-ROMドライブの話とかしようと思っていたんですが、献血だけで長すぎるくらいになってしまったのでまた今度。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
うわはははは
ナイス献血体験!
ともに献血回数3桁目指そうぜ!
(でも私はまだ9回だ)

あと、献血のたびにカードを新調している
私でした。
【2005/11/25 20:35】 URL | 鋏 #eYj5zAx6 [ 編集]

やっぱり忘れるよね。
>鋏さん
献血仲間だったのですか!!
カードを忘れるのが私だけでなくてよかった。
献血回数3桁ぜひ目指したいですね。
このペースで行くと達成は60歳間際か?
【2005/11/25 21:47】 URL | 春日 庄 #mQop/nM. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takurami.blog29.fc2.com/tb.php/27-b64fa7dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。