プロフィール

春日 庄

Author:春日 庄
医療系の仕事をしている会社員。
人生を小さく大きく何度も挫折中。
ポエマー気質と現実主義が入り混じる、
自分でもよくわからない性格だ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

今日のポーズ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ごった煮ボックス
憂鬱戦線北上中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パパニコロ?パパニコロウ?パパニコロー??
最近学校でレポートが出され、パパニコロー分類について調べなくてはならなくなった。
昨年食らった追試のあおりだ。…病理の追試は私だけ。orz
つまり誰にも聞けない孤独な戦いである。
パパニコロー分類っていうのは病理学の範囲で、簡単に言うと採取した細胞がどんだけ癌細胞に近いですかっていう分類な訳だが。
5段階に分かれていて正常~疑わしい~癌ですよ、のようなグラデーションを描いているような感じだ。
主に婦人科で使われているのだ。
しかしそんな簡潔かつ病理で赤点とっちゃう私でもわかるような知識だけではレポートは書けない訳で。
しょうがないので「手っ取り早くインターネッツで調べるぜ!!ネット万歳ヤーーーフーーーー!!!」と情報の海へダイブしてみた訳だが。
ついでにいうと検索にはヤフーではなくgoogleを使った訳だが。
パパニコロー分類…解説少ないよ…
しかも表記法がパパニコロとパパニコロ「ウ」とパパニコロ「ー」の3通りあるので違う表記がしてあると引っかからない。
極めつけは、「最近はパパニコロー分類は使わないことが多い」と記載してあるだけのサイトが多い。多過ぎる。
いや、それも本当のことだし、必要な情報だとは思うんだ…。でも今の私には、パパニコロー分類が廃れつつあることは関係ないんだ…。
「学校で教えている内容は情報が遅すぎる!!もっと最新の内容を教えるべきだ!!」と学校の教育方針に物申してみてもたぶん改善されるのは早くて3年後くらいなんだ…。そのころ私は学校にいないんだよ…

そんなこんなでその時は一気にテンションが落ちたのだが、結局地道に図書館で古い本を頼りにレポートを書きました。
インターネットも、必ずしも万能とはいえないなぁと改めて思いましたよ。


ところで私は今回何回「訳」を使ったでしょうか。我ながら多すぎ。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takurami.blog29.fc2.com/tb.php/5-779d907c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。